BLOGブログ

パーソナルカラー

パーソナルカラー別!ウインター似合うコーデ

300パーソナルカラーに合わせた服を合わせると血色感や透明感が出て肌が綺麗に見えますが
パーソナルカラーによって合わせるポイントが変わってくるのでカラー別にポイントを
お伝えしたいと思います。

Winterはメリハリがありコントラストがはっきりしている配色が似合います。
はっきりとした純色カラーなどが多いので「濃い色しか合わせられないの?」
と思う方もいますが
Winterでもお水に色を足したような薄い色のアイシーカラーがあるので
ポイントに入れることで柔らかい雰囲気になります。

16タイプで細かくみていくとWinterの中でも明るめ、鮮やか、暗めの色、特にどの
タイプが似合うのか人によって変わってきます。

暗めの色より明るめの色がしっくりくるからSummerと思っていたら実はWinter
ということもあります。

お客様でも何回か診断を受けられてSummer、Winterどちらも言われたことがあるけど
結局どっちかわからない!
と迷って私の所に診断に来てくださるお客様も多くいらっしゃいます。

同じカラータイプでも人によって特にどんな色が得意かは
変わってきますがパーソナルカラーによってコーデのポイントがあります。

印象が良くなるWinterコーデのポイントをお伝えしたいと思います。

目次

広い面積には得意な色をもってくる

アウターやトップスの広い面積には得意な色、パーソナルカラーに合わせた
ベーシックカラーをもってくるようにしましょう。
Winterの得意なベーシックカラーはスノウホワイト(真っ白)シルバーグレー、ネイビー、
バーガンディーなどの赤みがかったブラウンなどです。

Winterの方ははっきりとした色が似合い、薄い色だけだとぼんやりとしてしまうので
インナーが薄めの色だとアウターははっきり、濃いめの色にするなど
インナーかアウターどちらかは得意な要素をもってくると印象がアップします。

Winterのカラーにあるアイシーカラーもはっきりとした色と合わせて
コントラストのある配色にするとWinterらしいメリハリが出て洗練された印象になります。

顔まわりに似合う色を持ってくる

トップスが苦手色だとしてもスカーフ、ストール、冬はマフラーなど
顔周りに得意な色をもってくると顔映りが良くなります。
Winterは薄い色、濁りのある色が苦手なので濁りのないはっきりとした色や柄を選びましょう。

優しい雰囲気にしたい時はアイシーカラーメインでポイントにメリハリのある柄の
デザインなどでも良いですね。

全体のコーデがぼんやりとした色のコーデでもはっきりとした色のスカーフなどを
合わせることでお顔立ちがはっきりとします。

ウインター似合うコーデまとめ

ウインターの似合うカラーコーデのポイントは

✔︎顔の近くに濁りのないはっきりとした色をもってくる
✔︎コントラストのあるコーディネートが似合う
✔︎暗い色をもってくると影が入りやすい人もいるので顔の近くは
澄んだ明るい色をもってくる
✔︎薄い色だけだとぼやけやすいのでどこかにはっきりとした色を入れる

柔らかい印象にしたい場合はコーディネートのポイントは抑えながら
Summerの色も取り入れるのがおすすめです。

細かく16タイプで見ていくと1番どんなカラーの配色が
素敵に見えるのかわかります。

同じWinterでも2番めに似合う季節も違うので人によって特徴が
変わってきてコーデのポイントも違ってきます。

当サロンでは16タイプパーソナルカラー診断、
顔タイプ診断、骨格診断この3つの診断方法を使って
石川県金沢市、オンラインでもご対応しております。

ただ似合うだけではなくあなたの好みや
どのように見られたいのかなど
婚活、ビジネスなどTPOに合わせてご提案させて
いただきます。

SHAREシェアする

ブログ一覧

HOME > BLOG > パーソナルカラー別!ウインター似合うコーデ

© 2022 STELLA